サイレントワーカーの副業。

こんにちは!
いきなりですが皆さんは今の収入や生活に満足していますか?
お金が無くて旅行や買い物を我慢している方は多いと思います。
人間の生活の『満足度』は収入に比例しているそうです、そう考えると本当に満足出来ている方は一握りでしょうね。
あと収入にプラスでいくはあったら満足出来ますか?
これは難しい質問だと思います、もちろんあればあるだけいいとは思いますが5万、10万でも満足出来る方は多いと思います!
一人暮らしの方が多いと思いますが東京での一人暮らしの家賃相場は7万円から8万円だそうです!そう考えたら副収入で10万円くらいあれば生活はかなり楽になりそうですよね!
では収入を増やすためにどうすればいいのか?
答えは簡単ですね『働く』だけです。
仕事にさらに仕事を重ねれば収入を増やす事は可能です。
でも実際問題、結構辛くはありますよね、若くて体力に余裕があれば全く問題ないのでしょうが中には腰が悪い方や体調が優れない方もいらっしゃると思います。
ではどうすればいいのか?
今オススメなのはサイレントワーカーの『不労所得マシン』です。
不労所得は憧れますよね、働くなくても家賃分だけでも収入が入ってくれば生活の水準は大きく上がりますよね?
生活の水準が上がる事によって『満足度』も上がれば最高ですね。
この『不労所得マシン』を使ってサラリーマンの月収以上に稼いでいる方もいるみたいです!
お金持ちはどんな事をして稼いでるのか?
世の中で一般的にお金持ちと呼ばれている方は『不労所得』を得ている方がほとんどのようですね!例えば世界の長者番付第1位になったアマゾンのジェフ・ベゾスさん。
彼はアマゾンのCEOですが、まさか自ら配送なんてしていないですよね?(配送のお仕事を馬鹿にしている訳ではないです。)
アマゾンという箱を作って自身の代わりに多くの人にお仕事を与えています、これによって『不労所得』を得ているわけです、ちなみに資産は約1500億ドル(大体17兆円くらいです。)とんでもない数字ですね、私達が頑張って仕事をしている間にも、これだけの大金を稼いでるなんて羨ましい限りですね。
ここまでのお話でお分りなった方もいると思いますが働いて得るお金には限界があると言うことです。
収入を増やしたければ、やはり『不労所得』を得ていくしかないようです。
株式の投資や投資信託なんかも『不労所得』を得る手段になりますが、なかなか簡単にはいかないですよね…
単純に元本もかなりの額が必要になる上にリスクも存在します。
収入を増やす上でリスクは取りたくないですよね?
お金を増やそうと思ったにも関わらず、それで生活が苦しくなってしまったら本末転倒になってしまいます、ではリスクをとる事なく『不労所得』を得るにはどうすればいいでしょう?
そこで今、稼げると話題のサイレントワーカーの『不労所得マシン』の事をお伝えしていこうと思います。
『不労所得』を得る為の株式、投資信託、以外の手段。
例えばFXの自動売買なんかもそれの分かりやすい例ですね、マシンが計算をしてくれて収入に繋げてくれると。
サイレントワーカーの不労所得マシンはこれとは全く違うアプローチ。
世の中にあるお金を稼ぐ為の手段にはほとんどリスクが付き物です、今会社勤めの方も体を壊してしまえば収入がストップしてしまいますし、会社を経営されている方も不景気の煽りで倒産してしまったら収入はなくなってしまいます、そんな中でサイレントワーカーの不労所得マシンはリスクを限りなく低くした収入源になっていくでしょう。
これからの日本の未来を見越して。
今の日本で景気が良いと思う方はいないと思います、テレビやラインのニュースでも日本の借金の事や国の政策、特に年金問題なんかは日本国民を不安にさせますね。
戦後に作られた日本の法律のほとんどが終わりを迎えようとしています、終身雇用が分かりやすい例ですね、国が守ってくれる時代も終わり自分の事は自分で守っていかなくてはなりません。
今の日本で収入を増やしたいと多くの方が考えていると思いますが、知識がない方がほとんどだと思います。
知識のある方はお金に働いてもらい税金を減らし更にお金持ちがお金持ちになる時代です、お金がない方は与えられたカードで戦うしかないのです。
皆さん現状を変えませんか?
今踏み出す一歩が大きく未来を変えていきます、5年後、10年後を想像してみて下さい。
今当たり前の事は当たり前でなくなります。
副業をしなきゃいけない時代が来るなんて誰が想像したでしょうか、自身の為だけでなく大切な家族の為にも今からしっかり準備をしていきましょう。
サイレントワーカーの1番のメリット
『時間がない』この悩みを持った方が一番多いのではないでしょうか?
1日が30時間あったらいいなと私も何回も考えた事があります。
毎日仕事に行って残業をして帰ってからもご飯やお風呂だけで全く時間が取れない方も多いですよね、土日は一日中寝てる人も思います。
時間がないと言うと使い方が悪いとか言われる事もあると思いますが僕はそんな事ないと思います。
ないものはないんです。
ではサイレントワーカーのメリットはなんでしょう?
『時間がない』人にこそ出来る副業と言うことです。
毎日全く同じ生活を繰り返すだけで収入が増えていく、作業時間が必要ないと言う所につきると思います。
副業したくても時間が全く取れない方は特に必見だと思います。
この時代に物を言うとは確かな情報と精査力ではないでしょうか、詐欺と呼ばれる副業も少なくはないです、むしろ多いですよね。
その中でしっかり自分の中で落とし込み理解をしてやっていけるかが大事なのではないでしょうか。
最後に副業を始めるにあたって。
副業を始める事はゴールではありません、そこでやっとスタートラインに立てたと言う事を忘れないで下さい。
お金がお金を稼いでくれると言う実感を得るには多少の年月は掛かってきます、稼いだお金をどう使うのかや、いくら貯めるのかを考えるのはもちろん、これから先の人生設計もとても大事になってきます。
皆さんはこれから先の人生はどう生きていたいですか?
年金暮らしになって通帳と睨めっこしながら生きるなんて切なすぎますよね、でも今から対策をしていかないとそうなってしまう事を忘れないで下さい。
少し前にNHKで老後破産と言う特集が組まれていました、年金だけでは生活出来ないのにも関わらず先祖代々から引き継いできた土地を守る為に1日200円程度で生活をしている方もいらっしゃいます。
お金を稼ぐ事は全く悪いことではなく自分自身を守る為にも使えますが誰かを守ってあげたり救ってあげる為にも使える手段です。
人生100年と言われるこの時代だからこそ、しっかりライフプランニングはしなきゃいけないですね。
最近では老後に海外に移住される方も増えましたが移住を考えるのであれば最低限の費用なんかも考えていくと更に楽しくそして刺激的に副業を進めていけると思います。
これからの明るい未来のために皆さんの何か役に立てばいいと思います、不安なのは皆んな一緒です、まだまだ不安だけど何も出来ない方がいらっしゃいますがらしっかり知識をつけて周りの人を救えるようになっていければと思います。

 

FXは日曜日に取引する事も可能

FXで取引できるのは、基本的には平日であると思われている事も多いです。確かにリアルタイムなレートで取引するのは、平日限定になります。日曜日に取引する事はできませんが、実は指値で取引する事は可能なのです。

リアルタイムの取引が可能なのは平日限定

FXの取引をする為には、もちろん金融会社のシステム画面でクリックもしくはタップする必要があります。画面に表示されているレートを確認し、良いタイミングであると判断した時には、ボタンをクリックすると取引できます。
ところで外貨は、いつでも動いている訳ではありません。確かに平日の昼間の時間帯であれば、外貨のレートはチカチカと点滅しています。しかし土曜日の朝になりますと、その点滅もストップする訳です。たいていの金融会社ではグレーアウト表示されますが、少なくとも外貨のレートは動いていません。ですから土曜日や日曜日などにリアルタイムの売買はできないのです。

指値の注文なら日曜日でも問題ない

ところで誤解されている事も多いですが、実はFXは日曜日でも取引する事はできます。一見するとシステムは止まっているように見えますが、実際には稼働しているのです。特定の注文方法に限り、発注する事は可能です。
確かにリアルタイムの取引をする事はできません。しかしFXには、指値のシステムもあるでしょう。あらかじめレートさえ指定しておけば、実際の外貨がそのレートになった時には、自動的に売買してもらう事はできます。
もちろんリアルタイムの売買はできません。しかし指値で予約を取ること自体は可能なのです。実際にお金が動き始めるの平日限定になりますが、日曜日というタイミングで予約を取る事はできますから、試してみると良いでしょう。

日曜日に指値取引する2つの理由

ちなみに人によっては、平日に取引をしていない事があります。あえて日曜日だけで指値でFXの取引をしている方も、決して少なくありません。その主な理由は2つあります。
まず1つ目は、平日に取引するのが困難だからです。サラリーマンの方々は、基本的には平日の昼間に働いていますから、日曜でないと取引できないでしょう。ですから日曜日にじっくりチャートを見て、取引している方も少なくありません。
もう1つの理由は、冷静な頭で考えられるからです。そもそもFXは、冷静な頭で取引する方が良い一面があります。リアルタイムにレートが動いている状態ですと、冷静さが失われてしまう事もあります。その点、日曜日はレートは動いていませんから、じっくり考えて指値で取引している方も意外と多いです。