お金を使ってお金を稼げるのがFXの魅力です。上手く取引することで着実にお金を増やせますが、同時にお金を減らしてしまうリスクも注意したいところです。慎重に取引する必要があります。
リスクのあるFXではあるものの、安全に取引する方法が存在します。完全にリスクを防ぐ方法は存在しませんが、実践することで大切なお金を大きく減らさずに済み、長くFXの世界でお金稼ぎを楽しめるのがメリットです。
必ず実践したいのが損切りです。含み損が発生してもしばらくすれば戻ってくる、含み益になると考えるトレーダーは少なくありません。確かに、価格が戻ってくる可能性も存在しますが、予想に反して含み損が大きく膨れ上がる可能性も十分にありえます。
これを回避するために、取引するときには損切りラインを決めます。損切りラインとは、機械的に損切りする価格のことです。損切りするとお金が減るものの、少ない損失に抑えたおかげで多くの資金を手元に残すことができます。FXの世界で生き残るために、必ず身につけたい知恵です。
FXは証拠金を使って取引します。証拠金によってレバレッジをかけることが可能です。少ない資金で効率よくお金稼ぎできる、FXのメリットです。ただし、保有する通貨の含み損が膨れ上がると証拠金維持率が低下し、証拠金を維持するための追加資金が必要になったり、強制決済に陥る危険性が増します。
証拠金維持率はレバレッジの倍率が高いほど、低下しやすいという特徴を持っています。これを避けるにはレバレッジの倍率を低くするのがおすすめです。慣れないうちは1倍、多くても3倍程度に調整すると安全性が高くなります。
また、強制決済を発生させないために、ある程度資金を残して取引したいところです。1回の取引に全額を投入しないよう、心に留めておきます。
余剰資金で取引すると安全です。生活資金までFXに投入して大幅な損失を出してしまえば、生活するお金が足りずに困ってしまいます。今失っても大丈夫な金額に絞り込めば、万が一の場合でも慌てることなく生活を送れます。
テクニカル分析やファンダメンタル分析を学ぶことで、値動きの予想がしやすくなり、損の少ない取引の手助けになります。
口座開設は国内の証券会社から選ぶようにします。国内証券はレバレッジの上限が低く抑えられているうえ、国の厳しいルールを遵守する業者ばかりです。トラブルの少ない取引ができる他、サポートに日本語が通じるため、問い合わせに対してスムーズに対応してもらえます。